おきらくの里山便り

里山で出会った山野草、野鳥、昆虫などを主にエントリーします。

野鳥

里山の住人 アマガエル 他

里山の住人たちを・・ (アマガエル) ニホンアマガエル(アマガエル科) 暖かくなってきたので、水辺のあちこちで盛んに鳴き交わしてます。 (サシバ) サシバ(タカ科) カエルやヘビなどを主食にしてるタカの仲間。越冬地の東南アジア方面から戻って来た…

カンムリカイツブリ他

西印旛沼沼畔を散策して来ました。 (カンムリカイツブリ) カンムリカイツブリ(カイツブリ科) 渡って来たばかりの、カイツブリのなかで一番大型のカンムリカイツブリです。 (アオサギ) アオサギ(サギ科) 印旛沼では常連のアオサギです。 (カワウ) …

西印旛沼

小春日和の一日久しぶりに西印旛沼畔を散策してきました。 (西印旛沼) 西印旛沼 カモたち水鳥の越冬地として知られる印旛沼ですが、まだ姿がありませんでした。 (アオサギ) アオサギ(サギ科) 杭の上で休憩中の日本で一番大型のサギ、アオサギです。 (…

メダイチドリ

谷津干潟の鳥その5です。 (メダイチドリ) メダイチドリ(チドリ科) 目大千鳥 オレンジ色の胸(夏羽)をした干潟でよく見られるチドリの仲間。チドリの中では目が大きいと言うことでで付いた名らしいが、そんなに大きいようには見えませんね。

ハマシギ

谷津干潟の鳥その3です。 (ハマシギ) ハマシギ(シギ科) 腹に黒い模様のある小型(21cm)のシギ。数百羽単位の群れを作ることで知られるシギですが、何故かこの日は10羽ほどしか見られませんでした。 浜に棲息してるシギというのが名の由来のようです。

キアシシギ

谷津干潟の鳥(その2)です。 (キアシシギ) キアシシギ(シギ科) 名の通り脚の黄色い中型(27cm)のシギで干潟の他に水田などでも見られる。日本に渡って来るシギの中ではよく声を聞かせてくれるほうで、飛び立つときなどに「ピューイピューイ」とよく鳴く…

チュウシャクシギ他

田植えの始まった水田に渡り途中のシギ、チドリを探しに行って来ました。チュウシャクシギとコチドリ2種には会えたのですが、残念ながら遠くて私のカメラでは証拠写真しか撮れませんでした。 (田植えの始まった水田) 水を張った水田の畦にはオオジシバリ…

キンクロハジロ 他

最近出会った水鳥たちを・・ (キンクロハジロ ) キンクロハジロ (カモ科) 北帰行が始まり数が少なくなってきたキンクロハジロ。 (スズガモ) スズガモ(カモ科) こちらも北帰行が始まった、キンクロハジロによく似たスズガモ。 (ハジロカイツブリ) …

セイタカシギ

田植えの準備で水を張った水田にセイタカシギが5羽、採餌に余念が無いようです。 (セイタカシギ) セイタカシギ(セイタカシギ科) ピンク色の細く長い脚の持ち主で、とてもスマートなシギ。1980年ころまでは珍鳥扱いの数の少ない鳥でしたが、近年各地で見…

スズメのチュン助君

前回(http://okirakutonbo.hatenablog.com/entries/2013/02/14)と同じスズメのチュン助君を再び・・ (スズメ) スズメ(スズメ科) 7年ほど飼っている小鳥の文鳥のおこぼれ餌を、毎朝ねだりに来るスズメのチュン助君、ツバキの枝先ででくつろいでます。

虫さん キンケハラナガツチバチ他

北総台地の里山で出会った虫さんたちを・・ (キンケハラナガツチバチ) キンケハラナガツチバチ(ツチバチ科) 越冬した ♀ でしょうかセイヨウタンポポの花粉をむさぼってます。かなり大きいサイズのハチですが攻撃性は弱いようで、つかまない限りは刺さな…

外房鯛の浦 クロサギ 他

日蓮上人生誕の地、外房鯛の浦へクロサギを探しに行く。 (鯛の浦弁天小島) 日蓮上人生誕の地、鯛の浦の大弁天、小弁天島です。 (クロサギ) クロサギ(サギ科) 岩礁の有る海岸に留鳥として棲む黒いサギ、繁殖地も局地的で数は少ないようだ。 (イソヒヨ…

カワヅザクラとメジロくん

カワヅザクラが満開になりました。吸蜜に訪れたメジロくんを・・ (メジロ) メジロ(メジロ科) 花粉にまみれながら蜜を吸うのに余念が無いようです。 (カワヅザクラ) 前回のカワヅザクラ開花から一週間で、ほぼ満開状態です。

アメリカコガモ 他

最近出会った鳥たちを・・ (アメリカコガモ) アメリカコガモ (カモ科) 交雑個体 胸に白の縦線があったのでアメリカコガモ と思い撮ったのですが、よく見ると縦線が細いのと白の横線もあるのでどうやらコガモとアメリカコガモ の交雑個体のようです。アメ…

冬枯れの里山

ホームグランドの里山を半月ぶりの散策です。 (冬枯れの里山) この日、夜半から降り出し、もしかして雪になるかもの予報だったので、密かに雪景色を期待したのですが、思惑が外れてしまいました。 (朝霧) 放射冷却現象でしょうか、地表面から盛んに霧が…

スズメのチュン助君

飼ってる文鳥のおこぼれ餌をあさりに、毎朝やって来るチュン助君です。 (スズメ) スズメ(ハタオリドリ科)→(スズメ科) 人家の周りに多く棲み大変身近な鳥なのに、地味なせいか人さまにはあまり関心を持たれないスズメ君です。餌の少ない冬場のこの時期…

にせの鳥

偽の鳥に騙されました。 変わった鳥がいると撮っては見たが、まったく動く気配なく何か変と近づいて見れば・・ 鳥の形に似た、枯れた木株でした。

ジョウビタキ 他

里山で最近出会った鳥たちを・・ (ジョウビタキ) ジョウビタキ ♂(ヒタキ科) 人懐っこい個体で5m位まで寄せてくれた。 (シロハラ) シロハラ(ヒタキ科) 落ち葉をはねあげながら餌をあさるシロハラ。 (シメ) シメ(アトリ科) アトリ科の鳥の特徴で…

里山雪景色

今朝5時頃より突然の降雪で、今冬2度目10cm程雪積がありました。いつものホームグランドの雪景色を楽しんで来ました。 (里山雪景色) (シロハラ) シロハラ(ヒタキ科) 雪の中で餌をあさるシロハラ。

大洗海岸 の鳥

大洗海岸周辺で出会った鳥を・・ (オオセグロカモメ) オオセグロカモメ(カモメ科) 漁港の魚市場の屋根でこぼれた魚を狙うオオセグロカモメ。翼の上面が黒に近い大型のカモメ。 (ユリカモメ) ユリカモメ(カモメ科) 嘴と脚が赤い小型のカモメ。 (ウミ…

涸沼の鳥(2)

涸沼の鳥たちその2です。 (ヒシクイ) ちょっと警戒気味です。 オオヒシクイ(カモ科) ヒシの実を好んで食べることからついた名の大型の雁の仲間。珍しくも湖畔の水田に3羽飛来してました。 (コハクチョウ) コハクチョウ(カモ科) 50羽ほどの群れが…

涸沼の鳥(1)

涸沼の鳥達を・・ (涸沼夕景) 涸沼 シジミの生産で知られる茨城の中程にある汽水湖です。多くの野鳥類も観察されているということで、バードウォッチングに行って来ました。 (ユリカモメ) ユリカモメ(カモメ科) 赤い脚がよく目立つユリカモメ、夕日に…

冬枯れの里山

暫くサボってた、いつもの里山を1ヶ月ぶりの散策です。 (冬枯れの里山) 咲き誇ってたセイタカアワダチソウもすっかり枯れ果ててます。 (カマキリの卵嚢) オオカマキリ(カマキリ科) 卵で越冬です。 (ダイサギ) ダイサギ(サギ科) 葦原で餌探しする…

良いお年を・・

今年一年大変お世話になりました。また拙いブログに沢山の ☆ マークを 有難うございました。年内は今回で最終と致します。来年もどうぞよろ しくお願いいたします。 では、皆さん良いお年をお迎え下さい。 (北印旛沼から筑波山) (ハシビロガモ) ハシビ…

カワガラス 他

塩原温泉郷箒川の鳥たちその3。 (箒川) (カワガラス) カワガラス(カワガラス科) 渓流に棲み水中に潜って水生昆虫等を捕食し生きてる黒褐色の地味な鳥です。 カラスの名がついてますが、カラスの仲間ではありません。川に棲む黒っぽいカラスに似た鳥…

キセキレイ 他

箒川の鳥たちその2。 (箒川) (キセキレイ) キセキレイ(セキレイ科) 河原で採餌するキセキレイ。 (カルガモ) カルガモ(カモ科) カモの仲間で唯一留鳥のカルガモ、浅瀬で採餌中です。

塩原温泉郷箒川の ダイサギ 他

塩原温泉郷の箒川で出会った鳥たちを・・ (箒川) 箒川は塩原温泉郷を流れる河川で那珂川と合流します。 (ダイサギ) 羽繕いするダイサギ。 ダイサギ(サギ科) 川面を見つめるダイサギ。 (カワアイサ) カワアイサ(カモ科) 緑の頭のが ♂ で赤いボサボ…

アオサギ 他

最近出会った野鳥たちを・・ (アオサギ) アオサギ(サギ科) 日本で最大のサギ(90cm)アオサギ。 (モモイロペリカン) モモイロペリカン(ペリカン科) 北印旛沼に棲みついて15、6年になるモモイロペリカンのカン太君です。 (コガモ) コガモ(カモ科…

紅葉

21世紀の森と広場の紅葉と、千駄堀池にいたダイサギを・・ (紅葉) 「21世紀の森と広場」の紅葉。イロハカエデでしょうか、ちょうど見頃でした。 (ダイサギ) ダイサギ(サギ科) 「21世紀の森と広場」の千駄堀池で採餌するダイサギ。

黄紅葉と今年初見のツグミ

色づき始めた公園の木々。 (黄葉) (紅葉) (黄葉) (アオツヅラフジ) アオツヅラフジ(ツヅラフジ科) 草のように見えますが、つる性の木本です。このようなブドウに似た 青い実をつけます。 (ツグミ) ツグミ(ツグミ科) 今年初見の、渡って来たば…

久しぶりの鳥 ウソ 他

いつもの里山で久しぶりに出会った鳥 ウソ 他を・・ (里山黄葉) 秋も深まり秋色濃いホームグラウンドの里山です。 (ヤマガラ) ヤマガラ(シジュウカラ科) 例年になく数多くの姿が各所で観察されてるヤマガラです。 (ウソ) ウソ(アトリ科) 久しぶり…

手賀沼の鳥

手賀沼で出会った鳥たちを・・ (ダイサギとアオサギ) ダイサギとアオサギが仲良く並んで歩く微笑ましい光景。 (オナガガモ) オナガガモ(カモ科) 渡来間もないオナガガモ。カモの中では人との距離が一番近いカモで、 人の手から餌をとるほど近い。 (…

水元公園の鳥たち

水元公園で出会った鳥たちを・・ (水元公園) 水元公園は、東京葛飾区にある小合溜という川?を中心にした、植物の豊かな 大きな自然公園です。 (ジョウビタキ) ジョウビタキ(ツグミ科) ヒッヒッと盛んに縄張り宣言する、渡って来たばかりのジョウビタ…

渡り途中のエゾビタキ 他

房総風土記の丘へ渡り途中のエゾビタキ、キビタキを観察して来ました。 (アオサギ) アオサギ(サギ科) 坂田が池で餌探しするアオサギ。 (エゾビタキ) エゾビタキ(ヒタキ科) サハリン方面で繁殖し、渡りの途中にだけ見られるエゾビタキ。 サクラの枝…

ノビタキ 他

越冬地の東南アジア方面へ帰る途中のノビタキを探しに行って 来ました。10羽ほどの群れに出会いましたが、警戒心が強く 近付けず証拠写真です。 (コスモス ) 田んぼの畦道に咲いていたコスモス。 (ノビタキ ) ノビタキ (ツグミ科) 高原での繁殖が終…

アマサギ 他

印旛沼畔の水田で群れるアマサギ他。 (アマサギ) アマサギ(サギ科) 刈入が済んだ水田で群れる、渡りの時期が近づいて来たアマサギ。 そろそろ姿が見られなくなります。手前の大きいサギは、同じ渡り 寸前のチュウサギです。 (スズキナガハナアブ) ス…

ダイサギ 他

いつもの里山の中で一番小さい谷津。ここも自然公園の予定地の 一部です。 自然公園の予定地です。 里山から望む、わが町のシンボリックな高層住宅です。 (ダイサギ) ダイサギ(サギ科) 一番小さい谷津の湿地で餌を探すダイサギくん。 (アカガエル) ニ…

ハクセキレイ 他

昨日の里山の続きです。 (ハクセキレイ) ハクセキレイ(セキレイ科) 休耕田にいたハクセキレイ、頬に黄色味がまだ残ってるようなので、 若鳥ですね。 (カノコガ) カノコガ(ヒトリガ科) 蛾とは思えない顔立ちをしてますが、蛾の仲間です。 (アオマツ…

キアシシギ 他

外房の海辺で出会った鳥を・・ クロサギを期待して出かけたのですが、 まったく見られませんでした。 (キアシシギ) キアシシギ(シギ科) ただ今シギ・チドリの渡りの最盛期なので、多くのシギ・チを期待したが 本種一種のみでした。 (コサギ) コサギ(…

サシバ 他

残暑厳しい汗だくの一日でしたが、西印旛沼周辺の鳥見に出かけました。 見られた鳥は28種と冬場に比べれば半数程の少ない数でした。 そのうち撮れた鳥だけを・・ (サシバ) サシバ(タカ科) 子育ても終わり、そろそろ東南アジア方面へ移動の時期が近づ…

七年ぶりのアオバズク

春、青葉が萌える頃に渡ってくる夏鳥でフクロウの仲間。近年、環境の変化に よる繁殖場所(樹洞)の減少などで個体数の減少が心配されてる鳥です。 この場所も7年前までは毎年繁殖が確認されていたのですが、その後、全く姿 を見せずでしたが、今年7年振…

チュウサギ、アマサギ、モモイロペリカン

今日、久しぶりに北印旛沼へ行く。そこで出会った鳥たち。 サンカノゴイがお目当てだったのですが逢えませんでした。 (チュウサギ) チュウサギ(サギ科) 中型のシラサギ、冬羽になり始めでます。 (アマサギ) アマサギ(サギ科) 冬羽になったアマサギ。…

キセキレイ、カケス

奥多摩三頭山(1531m)の中腹にある東京都桧原都民の森(標高1000m~1500m)へ、バードウォッチングに行って来ました。 オオルリ、ホトトギス、ツツドリ、ミソサザイ、センダイムシクイ、ウグイス、ヤブサメなど声はすれど姿は見えず(濃霧の為)で、撮れたのはキ…

国鳥 キジ 他

長いレンズの持ち合わせがないので大写し出来ませんが・・ キジ(キジ科) 畑の隅に出てきた国鳥キジのカップル。狩猟期間中はほとんど人前に姿を見せる事がなかったが、それが過ぎたのでわりと近くで見られるようになった。 アマサギ(サギ科) 渡って来た…

五月晴れ

こどもの日 こどもの日に相応しい久々の爽やかな五月晴れ。 鯉のぼりも元気に泳いでます。 ダイサギ(サギ科) この水田で餌探しに余念のないダイサギくん。黄色かったクチバシも婚姻色の黒にすっかり変わりました。 キアシシギ(シギ科) 渡りの途中のキア…

ホオジロくん子育て中

縄張り宣言中のホオシロ。 ホオジロ ♂(ホオジロ科) 近くに巣があるらしく、他のオスを近づけさせない為でしょう、大きな声で囀ってます。この囀りの聞きなしは「一筆啓上仕り候」。 雛が孵ったのでしょうか、餌を運ぶ途中の♂です。 こちらも餌を運ぶ同じ♂…

渡去間近のユリカモメ

頭が黒い夏羽に変わり始め、渡去間近のユリカモメ。 上野 不忍池 スワロフさん撮影

メジロ(メジロ科)

梅の花を吸蜜に訪れたメジロくん。動きが敏捷でなかなか思うように撮れません。 佐倉城址公園にて

ズグロカモメ(カモメ科)

一寸前までのまだら頭も、すっかり真っ黒になり旅立ち間近のズグロカモメ。谷津干潟 スワロフさん撮影

ミツユビカモメ(カモメ科)

外洋性のミツユビカモメ。黄色い嘴、黒い脚が目立ちます。名の通り足指が前3本だけで後ろ指が無いカモメ。 大洗海岸 スワロフさん撮影